総計: 108162  今日: 9  昨日: 8       Home E-Mail Admin Page
分離発注(オープンシステム)によるコストダウン、スケルトン・インフィルによる小住宅、ローコスト住宅の家づくり
高橋 秀一
 SHU建築工房
プロフィール
 事務所案内図
MAP
 メディア
掲載記事
 写真集
実績写真
 分離発注
コンストラクションマネジメント
 プロセス
業務の流れ
 床面積1.5倍の家
「スキップフロアの家」
 小住宅
「9坪ハウス」
 プロトタイプ
スケルトン&インフィル
 木造の考え方
木造軸組金物工法
 お問い合わせ
お問い合わせフォーム
資料請求
オープンシステム
オウチーノ
  オープンシステム   12棟完成
  お客様のブログ
    分離発注で挑む建築日記
    オープンシステムでの家づくり

-->

スキップフロアの家

 

それぞれの用途に必要と思われる、容積率に算入されない多くの収納を設けた、

 

2階建6層のスキップフロアの家、まさしく、床面積1.5倍の家です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床面積(容積対象に含まれない収納等を含む)

 0.5階床面積          9.93u( 3.00坪)

  1 階床面積         51.34u(15.50坪)

 1.5階床面積         14.90u( 4.50坪)

  2 階床面積         44.71u(13.50坪)

  R 階床面積          6.62u( 2.00坪)

 ------------------------------------

  合計                 127.50u(38.50坪)

  容積対象床面積  96.05u(29.00坪)

  施工床面積     137.98u(41.66坪)(玄関ポーチ・バルコニー面積を含む)

 

 

・部分的に1階の床を少し上げて、その下のスペースをアウトドア収納として計画すると、外に物置等を置かずに、直接玄関から土足にて使えるスペースとする。そこには、園芸用品、工具、バーベキュー用品、雨具等を収納するのに最適なスペースとなるでしょう。

 

・1階と2階の間に小屋裏収納を計画すると、大容量の収納スペースが確保でき、季節物の衣料や電化製品等、あまり使用しない物の収納として大変重宝するでしょう。

また、ロフト風にしたり、一部吹き抜けにすれば、立体空間として遊び心が味わえる計画となるでしょう。

 

・2階の上にロフトを計画すると、さらに収納スペースが増え、勾配天井との一体空間とすれば、広々とした空間が可能です。

 

スキップフロアの採用で、これらを計画に取り組み、限られた面積で、スキップフロアを計画してみませんか。

 

もっと詳しく知りたい方には、資料を送付致します。

       → こちら ← から

ご相談・ご要望欄に「資料請求」ご記入をお願い致します。

 

Copyright (C) 2003 SHU architects design office. All rights reserved.    神奈川県相模原市